アルバイトスタッフインタビュー

PRONTO(プロント)ホテルメッツ田端店 H・Tさん 女性 勤続3年

人とのコミュニケーションに自信。
プロントで働いて本当に良かった!

憧れだったカフェバイト。ホールからキッチンまでこなします。

大学に入学したら、憧れていたカフェのアルバイトをしたいと思っていました。学校に行く途中の駅で求人を探して、乗換え駅の田端で、PRONTO(プロント)ホテルメッツ田端店の求人を見つけました。アルバイト経験は高校生のときに、中華屋さんでホールとレジの経験が1年ほど。人とコミュニケーションを取ることにあまり自信はなかったのですが、接客の仕事自体は好きでした。
PRONTO(プロント)ホテルメッツ田端店はホテルの中にある店舗で、朝はホテル利用のお客様の朝食も出しています。私は朝10時からの出勤なので、宿泊客の朝食のピークは過ぎて、その片付けやランチの準備からスタートする感じになっています。12時を回ると、店内は一気に忙しくなります。ランチタイムの利用は近くの会社員の女性の方が多いですね。パスタランチがとてもよく出ます。
13時を過ぎると忙しさが引きますが、その後は近所の常連のお客様がお茶をしに利用されることが多く、15時すぎにかなり混雑することもあります。週末の午後も家族連れのお客様のご利用が多く、店内はかなりの賑わいを見せています。カフェタイムのアルバイトスタッフは、大学生がメインで、今ではみんな私より年下のスタッフになりました。主婦のアルバイトスタッフも数人いますよ。
朝はホテル宿泊客の朝食があるので4、5人で、10時以降は3人程度のスタッフで回しています。私が担当するのはホール、レジ、洗い物、キッチンで、日によって担当は違います。PRONTO(プロント)でアルバイトを始めるまで、調理経験はなかったのですが、午前11時を過ぎるとパスタの提供が始まりますので、キッチンに入ったときはどんどんパスタを作っていきます。ランチの人気メニューなので、注文数はすごいですよ。

感謝の言葉を言えたりもらったり、幸せなことだと実感しています。

普段の仕事では、常に笑顔でいることを意識しています。自分がホールで楽しそうに笑顔で接客できたときに、お客様から帰りがけに、「ありがとう」、「ごちそうさま」と笑顔でお声掛けいただくことが多いことに気がついたのです。忙しいときなど忘れがちになるのですが、笑顔でいることを常に意識しています。
3年もアルバイトをしていると、後輩スタッフに仕事を教えることも多くなりましたが、その際には自分がしてもらって嬉しいと思うことを、接客では意識して欲しいと思っています。自分が接客される側になったとき、こうしてもらったら嬉しいなとか、考えてもらえたら嬉しいですね。
元々、あまり人とコミュニケーションを取ることに自信がなかったのですが、この3年間

でいつの間にか人と接することが好きになり、ずいぶん自信へとつながりました。もうすぐ社会人としての生活が待っていますが、今では人間関係という部分での不安は持っていません。そうした自信を持てるようになり、PRONTO(プロント)で働いて本当に良かったと思っています。
アルバイト経験が長くなったことで、常連のお客様にもずいぶん顔や名前を覚えていただきました。声を掛けていただけることも多くなり、「笑顔がいいね!」、「また来るね!」などのひと言が、本当に嬉しいですね。人からありがとうと言ってもらえたり、人にありがとうと言うことができることって、とても幸せなことだと実感しています。
記憶に残るお客様との交流もありました。いつも店内で本や新聞を読んでいるお客様とお話しをする機会があり、その際に、「この本、とても良いから読んでみて」と、本を貸していただいたことがありました。実はその本を原作にした映画は観ていたのですが、本を読んでみると映画とはまた違った面白さがあり、次に来店されたときにその感想でとても盛り上がりました。そうした常連のお客様との交流も、PRONTO(プロント)で働く面白さだと思います。

すごかった先輩たちのように、後輩の目標になれたら嬉しいです。

未経験でアルバイトに入ると、最初は洗い物から担当してもらいます。洗浄機はありますが、最初にスポンジでの手洗い作業がありますので、効率良く作業ができるように指導して覚えてもらいます。次にホールで料理を運び、続いてドリンクを作るドリンカー、最後にレジを覚えます。色々な支払い方法を覚えたりしなければいけませんから、経験がない方には、レジ業務がホールの中で一番大変かもしれませんね。
カフェスタッフには大学生のほかにフリーターや主婦の方もいますが、年齢を意識することなくみんな仲良しですし、仕事帰りにご飯を食べに行くこともよくあります。就職したり、就職活動でプロントを退職したスタッフたちとも、今でも交流があるんですよ。こうしたスタッフの人間関係の良さも、PRONTO(プロント)でアルバイトをする魅力ですね。

私がアルバイトを始めた頃の先輩スタッフたちは、仲間の働きやすい環境を作ることがとても上手で、常に周囲に目配り、気配りができるスタッフがそろっていました。ふと気づくと、私がこれから使うものがさりげなく置いてあったり、気づいてすごいなと、いつも感心していました。私も先輩スタッフのような気配りがもっとできればと思いますし、そうして後輩スタッフの目標になれたら嬉しいですね。
今後の目標としては、もっともっとお客様に喜んでもらえるようなお店作りをしたいと思っています。ただ、自分一人でそれを思っていても駄目だと思うので、スタッフみんなで少しでもそうした意識を持ってもらえたらと思っています。個人的には外国のお客様に対し、もっと気持ちが伝わるような接客ができればと思っています。注文自体は問題なくても、今は単語、単語で最低限の接客をしている感じで、ちょっともどかしい思いがあります。日本人のお客様と同じように、笑顔と気持ちが伝わる接客をしたいですね。

店舗スタッフ応募受付はこちら

その他スタッフインタビュー

インタビュースタッフ2
インタビュースタッフ3
インタビュースタッフ4