アルバイトスタッフインタビュー

PRONTOILBAR(プロントイルバール)東京国際フォーラム店 S・Hさん 勤続1年

「今日も頑張ってね」
お客様のひと言が最高に嬉しいんです!

進学でアクセスが悪くなっても、
アルバイト先を変える気はなかったですね。

高校2年生の夏休みに、有名アミューズメントパークで2ヵ月ほどアルバイトをした経験があります。アーケードコーナーでお客様に景品を渡したり、元気にゲームの説明をするアルバイトだったのですが、最初から最後まで楽しく働くことができました。このときに、人と接するお仕事は楽しいなと感じました。
大学受験が終わり、PRONTOILBAR(プロントイルバール)東京国際フォーラム店の求人に応募した際も、カフェのアルバイトは未経験ながら、接客のお仕事自体には不安を感じることはありませんでした。初めての仕事で、覚えなければならないことも多いのは分かっていたのですが、基本的には大好きな接客の仕事ですから、きっと楽しいはずと思っていました。
カフェの求人はたくさんありましたが、PRONTOILBAR(プロントイルバール)東京国際フォーラム店の求人に注目したのは、アクセスの良さとシフトから。自宅と通っていた高校の中間あたりに店舗があり、このアクセスの良さが大きな魅力でした。また、アルバイトスタッフは1週間ごとにシフトを提出できる点も、このお店を選んだポイントになりました。
ただ、高校時代は乗り換えなしでアクセスが良かったのですが、大学生になった今はアクセスがだいぶ悪くなってしまいました。それでも、PRONTOILBAR(プロントイルバール)のスタッフは良い人ばかりで、とても居心地の良い環境。通いづらくなったのは確かですが、アルバイト先を変えようと思ったことは一度もありませんね。
それに、1週間ごとのシフト提出がアルバイトスタッフにとってはとにかく助かります。翌週の予定であればだいたい決まっているものですが、これが2週間後、3週間後になると、
なかなか予定を把握するのが難しいです。その点、1週間ごとのシフト提出だと、プライベートの予定を入れやすいですし、希望の予定がだいたい通るのもありがたいですね。

朝7時に注文待ちの行列。この時間に店が一気に動き出す感じです。

大学の授業がない日は朝6時半から15時までアルバイトに入ります。授業がある日で人手が足りないときなどは、朝6時半から9時まで入ることもあります。朝早いのは苦にならないですね。むしろ、夜は眠くなってしまうので(笑)。今は週末など授業のない日を中心に、週に3日ほど出勤しています。
PRONTOILBAR(プロントイルバール)東京国際フォーラム店は、PRONTO(プロント)全体でも、かなり売り上げが上位の店舗と聞いています。朝の早い時間帯は、30代から50代くらいの男性の会社員のお客様が多いですね。アイスコーヒーを購入されて、喫煙室で一服して出勤される方が多く、お客様の回転スピードがとにかく速いのが特徴です。店舗前にある東京駅に続く通路の扉が、平日は朝7時に開くので、朝は7時から忙しくなります。あっという間に注文待ちの列ができますし、店が一気に動き出す感じです。
朝のピークは7時から9時半くらいまでで、そこから11時頃まで客足が落ちますので、その時間帯に仕込みをしたり、休憩を取ったりします。6時半から15時までの勤務の場合、休憩は60分になるので、ここで30分、午後に30分取るようになります。午後は13時すぎから休憩に入り、そのときに昼食を取っています。
東京国際フォーラム内という立地なので、イベントによっても混み具合が変わりますね。フォーラムだけではなく、近くの帝国劇場や宝塚劇場からのお客様も多く、公演日などはお客様で賑わいます。初めてアルバイトスタッフで入ると、お客様の多さに最初は驚くかと思うのですが、スタッフがしっかり配置されているので、すぐに店舗のペースに慣れると思います。
最初は先輩スタッフが横について指示してくれるので、その指示通りに動けば良いのですが、そこで少しずつ作業のペースを上げて行くことが大事です。出勤日数にもよりますが、先輩スタッフに頼らず動けるようになるまでに、私は3、4ヵ月くらい掛かったと思います。まずは焦らず、しっかり1つずつ仕事を覚えていきましょう。

就業形態に関係なく、スタッフみんな仲良しです!

現在のお仕事内容は、ホール業務全般と納品対応です。平日は7時半頃に段ボールと冷凍用の容器で食材が届くので、ホール作業をしながら収納作業を行います。納品作業は9時までに終わります。朝の忙しい時間帯ですが、この時間は飲み物や軽食がメインなので、十分に対応が可能です。
レジ担当の日は、レジ業務の合間にパンを包む作業を行ったり、ドリンクや仕込み担当のときは、手が空いたときに洗い物を行ったりもします。この作業だけを行えばいいというのではなくて、それぞれのスタッフが臨機応変に作業をこなしていく感じです。その日に行われるイベントもチェックして、仕込みの量を判断したりもします。仕込みはアイスコーヒーやココアの準備などを行いますが、落とすのにかなり時間が掛かるので、早め早めの作業が大事ですね。
PRONTOILBAR(プロントイルバール)東京国際フォーラム店で働き始めて1年になりますので、常連のお客様と会話を交わすことも多くなってきました。そうしたお客様の顔と注文する商品を覚えて、「今日もこちらでよろしいですか?」と声を掛けると、とても喜んでいただけます。そうした常連のお客様に、「今日も頑張ってね」、「今日もありがとう」などとひと声掛けていただけた時は、とても嬉しい気分になりますね。
カフェタイムは学生、フリーターがアルバイトのメインで、正社員を含めて若いスタッフばかりの店舗です。就業形態に関係なくみんな仲良しですし、新しく入ったスタッフも、すぐに雰囲気に溶け込んで、楽しく仕事をしていますよ。キャスト割も本当に魅力的な制度で、店舗の商品がすべて半額で購入できます。私も休憩時間に、飲み物も食べ物もいつもここで購入しているんです。カフェの飲み物や食事が好きな方には、絶対にオススメのアルバイトだと思います。
大学生に限らず、フリーターの方、主婦(夫)の方にとっても、PRONTOILBAR(プロントイルバール)は働きやすい環境だと思います。どなたでも大歓迎ですが、できれば長く働いてもらえる方に応募いただけると嬉しいですね。

店舗スタッフ応募受付はこちら

その他スタッフインタビュー

インタビュースタッフ2
インタビュースタッフ3
インタビュースタッフ4