プロントイルバール東京国際フォーラム店など兼任店長/ ASV スタッフインタビュー

プロントイルバール東京国際フォーラム店など兼任店長/ASV S.Aさん (33歳) 2014年10月入社

丸の内の3店舗を移動しながら、
充実感を味わう毎日です!

東京国際フォーラム店を任され会社の期待を実感。

店舗スタッフとして経験を積みながら、副店長試験、店長試験を順にクリア。入社から1年9ヵ月後に、丸の内の商業施設KITTEにあるプロント東京シティアイカフェ店で、まずは最初の目標である店長になりました。その後はプロントJPタワー東京店、プロントホテルメッツ田端店と複数店舗の店長を任される兼任店長に。2017年9月からはホテルメッツ田端店に代わってプロントイルバール東京国際フォーラム店を任され、注目度の高い丸の内地区の3店舗を管理することになりました。3つの店舗を回りながら、スタッフの管理や育成、施設のデベロッパーとのイベント等の打ち合わせ、パーティーなどの予約対応、ホールでの接客業務も担当しています。忙しいですが、丸の内の街中を徒歩で移動しながら、充実感を味わう毎日です。東京国際フォーラム店は売り上げ規模の大きな店舗ですから、会社の大きな期待を意識しないわけにはいかないですね。

店長の裁量の大きさが魅力です。

プロントと聞くとチェーン展開のカフェというイメージがあるかもしれませんが、実は店長の裁量がとても大きくて、個性を発揮することも可能なんです。私が担当する店舗が入っている複合施設では定期的にイベントが行われていて、それに合わせて、他のプロントにはない独自の料理を開発したりもします。特にプロント東京シティアイカフェ店はツーリストカフェのコンセプトで店舗運営を行っていまして、ビルに入る大手旅行会社様と共同で企画を立てることも行っています。イベントに合わせて内装を変えたり、新メニューを作ったり、プロントでは一般的な飲食業界の店長職では味わえない多くの経験が積めるので、とても楽しいですね。私自身も居酒屋やイタリアンレストランで働いた経験がありますが、そこで味わうことのできなかったやりがいを感じています。コーヒーが好きなことから選んだプロントですが、中途採用求人に応募して本当に良かったと実感しています。

実力さえあれば上を目指せる環境。

プロントでは実力さえあれば承認試験に短期間で合格できますし、上を目指せる環境が整っています。先日も山梨でのワイン研修に参加してきたのですが、ほかにもコーヒー・ワイン・キッチン・カフェとさまざまな研修が組まれていて、資格支援の補助制度があるところも魅力ではないでしょうか。私も短期間で効率良くワインの知識を学ぶことができましたし、飲食業界が未経験の方、経験者でもワインやコーヒーなどの専門知識に不安がある方にとって、プロントは安心して求人に応募できる環境だと思います。プロントはサントリーとUCCによる二毛作業態で知られていますが、ともにブランドイメージは強力ですし、お客様への安心感という点で大きな強みを持っていると思います。人間関係を心配される方もいらっしゃるかもしれませんが、プロントは風通しの良さも魅力で、社長を含めて上司との距離がとても近いのが特徴です。私は中途採用での入社ですが、プロントで初めて上司に“尊敬”という気持ちを持つことができました。私にとってプロント入社で得られた一番大きなものは、社長を始めとする尊敬できる上司の存在だと思います。

ASV試験に合格。次のステップに!

もちろん、店舗で一緒に働くスタッフも大切な存在で、プロントで働く大きな魅力です。私がASV(アシスタントスーパーバイザー)試験に一度落ちたとき、「Aさんが落ちるなんて信じられない」とみんなで慰め、励ましてくれたことがあって、あのときは本当に嬉しかったですね。普段は管理、指導する立場ですが、ともに支え合っているんだと感じて、スタッフの存在の大きさをあらためて実感しました。先日、そのASV試験にも無事合格しまして、今後はSVをサポートする立場で企画などさまざまな部署と関わる機会が増えてきます。私自身としては、いよいよ次のステップに入ったと感じているところなんです。先々はSVになり、本格的に企画に携わる業務を経験したいですし、将来的にはマネージャーとして店舗開発、経営企画なら新しいブランドの立ち上げ、さらには海外事業など、やりたいことがとにかくたくさんあります。どんな業務を担当することになっても、今から本当に楽しみですね。

店舗候補応募受付はこちら

その他の新卒スタッフインタビュー

その他のプロント採用情報